育成も中盤を過ぎ、2回目の実技が終わりました。

 

今回は、各々の課題以外に、全体の課題を、直前に一つ追加しました。

「要約」を入れることです。

20代のカウンセリングにおいては、何か大きな目標をもって来られるクライエントもいます。

その際、クライエントの方は、自身で自己整理ができる方が多いです。

私達は、クライエントには、気づき、満足感など何かしら持ち帰っていただきたいと思います。

  1. 自分の考えを口に出して整理する
  2. それを要所要所メモを通して視覚で見てもらい
  3. 更に要約

その段階を踏むことで、カウンセラーを通してクライエントの言葉を聴覚でも確認していただくことに繋がり、新たな気づきがうまれることが多くあります。

その為の要約です。

必要なのは要約できる能力です。

クライエントの方は、自分の中で構築できつつある事柄なので、すらすらと遂げれることなく話される方も多いからです。

要約は、クライエントにしっかり寄り添うためにも必要です。

 

今回の実技でも一つ課題になったのが、自分を整えることの大切さでした。

それが出来ていないと、「要約ぐらい」と考えていても難しくなります。

自己管理の大切さも改めて考えていただけたかと思います。

 

…それらを含め、実技に対するフィードバックの質が1回目とは、明らかに違いました。

 

60代、40代、30代、20代というメンバーが、非常に良いバランスで、環境、性格などどれをとっても様々であるからこそ、一人一人が良い影響を受けているのだと感じます。

何より、必要なものは吸収したいといいう各々の想いが強いからこその今の良い状況です。

 

彼らの1年後を考えるとワクワクします。

 

私も、彼らに出会えたことに感謝以外ないです。

それに応えるためにも私自身は、今できることに最大限挑戦していきたいと改めて覚悟した一日でした。

Follow Me!!