生花が好きで華道をしています。

先日、大学4回生の次男が以前から興味を持っていたので誘ってみました。

 

先生からは、古典的なお花の世界に若い男性が来てくれるのは非常に貴重で大切なことであり、

日本の文化を継承していくのはもちろん、もっと様々な国の方にも体験して欲しいという想いも強いようです。

 

今も、教室には日本人の男性はいないのですが、外国人の生徒さん、子供たちはいます。

 

私も思うのですが、日本人の男性や子供たちにも是非、日本の文化を楽しんでほしいと思います。

華道も茶道もゆとりの文化だと思います。

普段、時間的にも心にもあまりゆとりのない人でも、お茶をいただくとき、振舞うとき、お花を生けるとき、自分と向き合う静かな時間が持てます。

そんな時間を持つところから、こころのゆとりも感じ、整えることができるのだと思います。

因みに興味のある方は、是非、一度体験してみてください。

 

大学生の男性が生けた花です

Follow Me!!