先日行われた研究会では、国家資格キャリアコンサルタントが、対企業に対してどのような働きができるかについて勉強会をしました。

内部に専門の部署を持つことの難しい企業の方がまだまだ多く、そんな企業にどうのような提案ができるのかなどについても話は及びました。

 

キャリアコンサルタントの資格を取得後、どのように活かせばいいのか困っているというお話をよくお聞きします。

そんな方達の中には、もどかしい思いをされている人も多いのではないでしょうか。

 

また、企業として、働き方改革とは聞くが、実際自分の会社に何をどのようにすればプラスに取り入れることが可能なのか、といった悩みも聞きます。

 

先ずは、国家資格キャリアコンサルタントって?という、実にシンプルなことから始まりです。

そんなの知ってて当たり前でしょ!と思われる方が多いと思いますが、実は、へぇー、そうだったんだ!という感想が非常に多いのが現状です。

また、資格試験の学科試験が難しいというお話をされていた方も、話を聞いたあとは「キャリアコンサルタントとして必要な観点からの出題だ」と納得され、勉強する意味が腑に落ちた、頑張って勉強します!という感想までいただくほどです。

 

企業の視点として、企業の持つ悩み・課題などについて考えていきました。

少子高齢化社会、働き方の変化などを背景に採用・新たな人材活用等様々な問題がでてくるが、その解決策の一つとして実は、国からの援助策など企業にとってメリットを生む情報についても勉強です。

 

今回の勉強会テーマは、キャリアコンサルタントの方だけでなく、企業の経営者の方、今後起業を目指している方にとっても得する有意義な知識であると実感しています。

勉強会をこれまで月1回ペースで休日に実施してきたのですが、知れば知るほど知りたい課題、知識がたくさんあり、それを受け、自由参加で週1で勉強会を行うことになりました。

国家資格キャリアコンサルタント合格は、単にスタート地点に立っただけだったと実感しています。

これから、必要なものを身に付けて一歩ずつ丁寧に驕ることなく歩みを進めていきます。

受講されている方は、背筋が伸びる緊張感はあっても、楽しみです!と言ってくださり、私自身も皆さんの活き活きと取り組む姿を間近で感じることができ、これこそがやりがいを感じて働く姿なのだと感じています。

 

東京商工会議所ジョブ・カードセンタ―さまの情報・資料の提供など連携させていただき、今回の勉強会テーマが可能となりました。

ありがとうございました。

Follow Me!!